KEIKO



小室とKEIKOは既に離婚したという報道もかなりあるが、KEIKO自身は否定したようだ。

KEIKOの「共に歩む覚悟です」という声明からすると、小室は迷惑をかけたくなくて離婚を望んでいるが、KEIKOはそんなの構わないからついていくということだろうか。

全盛期にアホみたいに金使ったのも、落ちぶれて詐欺を働いたのも、どちらも小室自身には本当の決定権はなかったのではないかという気がする。

非常に政治的な性格が強い地検特捜部がわざわざ身柄を確保したということは、たぶん裏には音楽業界の大物がいて、ことが公になると各方面で非常に面倒なことになるからなんじゃないかという気がする。

単なる詐欺や借金ではなく、裏の権力者間の綱引きも絡んでいるのだとしたら、巻き込まれた場合の迷惑具合は並みの借金の比じゃないだろう。

KEIKOがそういったことを全部知った上で、これから先も小室と共に歩むと言っているのなら、小室の最大の財産はKEIKOなのだろう。

いま世間は小室全否定だが、自分は小室の楽曲そのものはけっこう好きなので、ぜひ再起を期して頑張ってもらいたい。
謎の自殺ってのだけはなしにしてもらいたいマジデ。

KEIKO、離婚否定「共に歩む覚悟です」

ホームへ戻る